長崎の教会巡り
大曽教会

マウスポインタを画像に重ねてください



明治12年(1879年)、現在地の西方に木造の天主堂を建立したことに始
まり、大正4年(1915年)に現在のレンガ造りの天主堂が完成しました。
正面には八角形のドームを戴いた鐘塔が高く聳え、色の異なる二種類
のレンガを規則的に配置するなど壁面の意匠にも配慮。半円アーチの
窓は美しいカーブを描き、西ドイツ製の花柄ステンドグラスも鮮やかです



大曽(おおそ)教会
県指定文化財
所在地:南松浦郡新上五島町
《関連ページ》 頭ケ島教会 青砂ケ浦教会 鯛ノ浦教会


Canon EOS 30D

BACK 

Copyright (C)2002-2008 Nakaba Office. All Rights Reserved.